Monomania  monomania//偏執狂;熱狂
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
一人読書月間
刀語を3冊目まで読み終えました。
昼休みの1時間未満の時間で読み進めてる割にはいいペース。
読まず嫌いしてたけどなんだかんだで面白い。
戯言シリーズなんかの他のシリーズは違って大分肩の力を抜きまくった感じです。
ので、楽に読める。読んでて疲れないなあ。いいことだ。

今日、刀語の4話を買うついでに、ずっと気になってた「文学少女」シリーズに手を出してきました。
タイトルを見てピンときたものは大抵面白い。
少なくとも投げたくなるほどつまらないってことは無い。
自分の許容範囲がバカみたいに広いのかもしれないけど、基本的に漫画でも小説でも表紙買いタイトル買いして外れたことはないです。
「これは面白いよ」と啓示を出してくれる脳内神に感謝する。

で、文学少女シリーズの1冊目。
……今日仕事終わったあと買って、モスでご飯食べてから1時間半で読み終わってしまった…。
でも面白かったですよ。
文学少女シリーズは実在する文学小説を題材として物語が進みます。それをなぞるように物語が展開したり、登場人物がその作品に影響されてるとか、そういった形で。
ちなみに、1作目は太宰治の「人間失格」を軸として物語が展開します。
キャラクターの設定とかも中々ユニーク、イラストの雰囲気も非常に綺麗。
文体も読みやすい方だと思います。癖は少ないんじゃないかなあ。

面白かったし、続巻も買おうと決めてはいるんですが。
その日買った小説をその日のうちに読み終えてしまうと何だかこう、悲しくなるのはけまさんだけだろうか。
この空しさに匹敵する事はあまり多くないと思う。
そろそろ読み応えのあるものを読みたくなる時期なんだろうか…。
京極さんので読んでないの一杯あるからなあ、そっちに手を出すのもアリかなあ…。

スポンサーサイト
2008'07'03(Thu)00:00 [ 雑記 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://monomani.blog71.fc2.com/tb.php/51-a0c8a0a2
trackback



     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。